The Blues Brothers - Briefcase Full of Blues
-----------------------
【A】
1. Opening: I Can't Turn You Loose 
2. Hey Bartender 
3. Messin' With The Kid 
4. (I Got Every Thing I Need) Almost 
5. Rubber Biscuit 
6. Shot Gun Blues 
【B】
1. Groove Me 
2. I Don't Know 
3. Soul Man 
4. 'B' Movie Box Car Blues 
5. Flip, Flop & Fly 
6. Closing: I Can't Turn You Loose 
-----------------------
世界一有名なレイバンウェイファーラーサングラス。
ジェイク(ジョン・ベルーシ)とエルウッド(ダン・エイクロイド)によるブルース・ブラザーズのデビューライブアルバム。

収録されたライブコンサートはカリフォルニアのユニバーサル・アンフィシアター(現ギブソン・アンフィシアター)という野外会場でスティーブ・マーティンの前座として6000人のキャパで行われた。

映画『ブルース・ブラザーズ』がアメリカで公開されたのは1980年。
つまり、このライブアルバムは映画制作の前に発売された。
日本ではジョン・ベルーシの名は一部のマニアには知られていたと思うが、1981年に日本で映画が公開されるまで<ブルース・ブラザーズ>というコンビ名はなじみが薄く、アルバム発売時には恐らく知名度は皆無に等しかったはず。
しかし、アメリカにおいては、このデビューアルバムは200万枚をセールスしビルボードでナンバー1を獲得したということで、ブルース・ブラザーズが映画公開以前に既に大スターであったことがわかる。

ブルース・ブラザーズはアメリカNBCで1975年に放映が始まった≪サタデー・ナイト・ライブ≫へのレギュラー出演によるキャラクターであり、企画物アルバムとしてダブルミリオンを稼ぐ前兆はたっぷりあったに違いない。
サタデー・ナイト・ライブは国民的番組として今も放送が続いている。

当初、サタデー・ナイト・ライブでのブルース・ブラザーズは、お馴染みのサングラス&黒スーツでサム&デイヴをパロディしたブルースやR&Bのスタンダードを笑い要素をメインに演じるものだったそうだ。
冗談半分のコントは次第に本気度を増し、ベルーシ&エイクロイドのバックに以下のミュージシャンをブルース・ブラザーズ・バンドとして番組にレギュラー出演させることになったということだそうな。

・Paul “The Shiv” Shaffer (Hammond, Piano)
・Steve “The Coronel” Cropper (Guitar)
・Matt “Guitar” Marphy (Guitar)
・Donald “Duck” Dunn (Bass)
・Steve “Getdwa” Jordan (Drums)
・Lou “Blue Lou” Marini (Tenor Sax)
・Alan “Mr.Fabulous” Rubin (Trumpet)
・Tom “Triple Scale” Scott (Tenor Sax)
・Tom “Bones” Malone (Tenor & Baritone Sax, Trombone)

このメンバーの顔ぶれはどう考えても冗談とは思えない。
今さら説明不要のビッグ・ネーム。

ブルース・ブラザーズはこのバンドメンバーを引っ張り出した時に【本気で冗談をやるダンディズム】を極めた。
冗談とはもちろん愛のあるユーモアでありエスプリである。
そしてそのダンディズムはブルース・スピリットにおいての美学とも思える。
この美学を貫いたことによって、過激なまでに黒人音楽への愛を唱える純真な姿勢が認められ、人種の壁を越え、本物の黒人にも支持されることとなったはずだ。
そうでなければ映画であの豪華キャストが集まるはずがない。

ブルース・ブラザーズ結成の経緯は、1974年、もともとR&Bマニアだったカナダ出身のダン・エイクロイドがシカゴ系のブルースロックとメンフィス系R&Bを合体させたバンドの構想を立て、ハードロック好きであることを言い訳にバンドに入ることを渋るシカゴ出身のジョン・ベルーシに“ダウンチャイルド・ブルース・バンド”のレコードを聴かせて説得し、ボーカリストとしてスカウトした、ということらしい。
ベルーシのハードロック好きは割と有名で、死の直前にハードコアメタルバンドを組む予定もあったそうだ。

収録曲について。
「I Can't Turn You Loose」「Messin' With The Kid」「Soul Man」「Flip, Flop & Fly」はメジャーな曲だが、他の曲はなかなか渋い選曲でブルースやR&Bのヒットパレードでは無い。
マニアじゃなければ聴き辛いのではないだろうか?
正直なところ、この選曲でよく売れたな、と個人的には思う。
二人の歌唱について聴くべきはその息遣いで、レコードなのにこれほど動きが目に浮かぶボーカルはすごい。
本気でやっていることがよくわかる。
演奏は聴き応えがあり、スティーヴ・ジョーダンのヒップなドラミングは必聴です。

忌野清志郎が1992年にリリースした『Memphis』というアルバムがある。
そのレコーディングはメンフィスのスタジオでステーヴ・クロッパーのギターとドナルド・ダック・ダンのベースにより1991年に行われたのだが、そのレコーディング中の出来事を同行していた関係者から聞いたことがことがある。
ある日、レコーディングを終えてスタジオ近くのライブレストランに皆で食事に行った。
その店ではハウスバンドが古いR&Bを演奏しており、ハウスバンドメンバーが客で来ているクロッパーとダック・ダンを見つけ、ぜひステージに上がって演奏して欲しいとステージ上からお願いした。
2人は快くステージに上がってMG'sやオーティス・レディングの曲を1時間ほどセッションしたそうな。
まるで学芸会で友達のバンドに気軽に参加するようなノリで本物がフレンドリーに演奏を聴かせてもらえるんだから羨ましい。